「一般建設業の許可」と「特定建設業の許可」

建設業の許可は、「一般建設業の許可」と「特定建設業の許可」とに区分されます。

「特定建設業の許可」とは、発注者から直接請け負う一件の建設工事につき、下請代金の額が4,000万円以上(建築工事業(建築一式工事)の場合は6,000万円以上)となる下請契約を締結して施工しようとするものが受ける許可のことをいいます。

そして、「一般建設業の許可」とは、これ以外の者が受ける許可のことをいいます。

特定建設業の許可に関する注意点

「特定建設業の許可」は「発注者から直接請け負う工事」について下請け契約を締結する場合、すなわち元請けに関する規定であって、下請けがさらに下請け契約を締結する場合(再下請)については、特に制限はありません。

また、元請けの締結する契約に関しても、「下請代金の額」が一定金額以上である場合が問題となり発注者との間の契約の金額に関しては、特に制限はありません