大臣許可と知事許可

建設業を営もうとする者は、原則として、二以上の都道府県の区域内に営業所を設けて営業をしようとする場合にあつては国土交通大臣の、一の都道府県の区域内にのみ営業所を設けて営業をしようとする場合にあつては当該営業所の所在地を管轄する都道府県知事の許可を受けなければなりません

例えば、神奈川県と東京都にそれぞれ営業所を設けて営業を行おうとする場合には、国土交通大臣の許可が必要になります。他方、神奈川県内のみに営業所を設けて営業を行う場合には、営業所が複数であっても、神奈川県知事の許可を受ければよいことになります。

「許可換え」

建設業の許可を受けた後に、

①国土交通大臣の許可を受けた者が一の都道府県の区域内にのみ営業所を有することとなつたとき
②都道府県知事の許可を受けた者が当該都道府県の区域内における営業所を廃止して、他の一の都道府県の区域内に営業所を設置することとなつたとき
③都道府県知事の許可を受けた者が二以上の都道府県の区域内に営業所を有することとなつたとき

において、引き続き許可を受けた建設業を営もうとする場合は、それぞれ新たに①都道府県知事の許可②国土交通大臣の許可③都道府県知事の許可を受ける必要があります(これを「許可換え」といいます)。この場合、新たに許可を受けたときに、それまでの許可は効力を失います。