許可業種とは

建設業を営もうとする者は、原則として国土交通大臣または都道府県知事の許可を受けなければなりません。そして、許可は、建設工事の種類ごとに、対応する建設業に分けて与えるものとされています。建設工事および業種は、それぞれ29種類、29業種*が定められています

許可の申請に際しては、実際に行おうとする工事の内容を検討して、必要となる許可業種を判断した上で、申請する業種を特定することになります。

法で定められている工事および業種は、以下の通りです。

*改正建設業法施行規則の施行に伴い、平成28年6月1日から「とび・土工工事業」から「工作物の解体」が独立し、新たに「解体工事業」が追加され、29工事、29業種となりました。

工     事 業     種
土木一式工事 土木工事業
建築一式工事  建築工事業
大工工事  大工工事業
左官工事  左官工事業
 とび・土工・コンクリート工事  とび・土工工事業
石工事  石工事業
屋根工事  屋根工事業
電気工事  電気工事業
 管工事  管工事業
 タイル・レンガ・ブロック工事 タイル・レンガ・ブロック工事業
 鋼構造物工事  鋼構造物工事業
鉄筋工事  鉄筋工事業
 ほ装工事  ほ装工事業
 しゅんせつ工事  しゅんせつ工事業
 板金工事  板金工事業
ガラス工事  ガラス工事業
 塗装工事  塗装工事業
 防水工事  防水工事業
 内装仕上工事  内装仕上工事業
 機械器具設置工事  機械器具設置工事業
熱絶縁工事 熱絶縁工事業
 電気通信工事 電気通信工事業
造園工事 造園工事業
 さく井工事 さく井工事業
 建具工事 建具工事業
水道施設工事  水道施設工事業
消防施設工事 消防施設工事業
清掃施設工事 清掃施設工事業
解体工事 解体工事業

土木一式工事と建築一式工事

土木一式工事及び建築一式工事(一式工事)は、その他の工事(専門工事)と異なり、総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物を建設する工事又は建築物を建設する工事のことをいい、専門工事を有機的に組み合わせて建設工事を行う場合の業種をいいます。

一式工事と専門工事とはまったく別の業種となりますので、一式工事の許可を受けたとしても、許可が必要な専門工事を請け負う場合には、原則として、別に専門工事の許可が必要となることに注意を要します。