経営業務の管理責任者としての経験を有する者

許可を受けるための要件の一つとして、経営業務の管理責任者としての経験を有する者に関する要件があります。具体的な内容は以下の通りです(建設業法7条1号等)。

法人である場合においてはその役員のうち常勤であるものの一人が、個人である場合においてはその者又はその支配人のうち一人次のいずれかに該当する者であること。

1 許可を受けようとする建設業に関し5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

2 許可を受けようとする建設業に関し経営業務の管理責任者に準ずる地位にあつて次のいずれかの経験を有する者

(1)執行役員等として5年以上建設業の経営業務を総合的に管理した経験

(2)7年以上経営業務を補佐した経験

3 許可を受けようとする建設業以外の建設業に関し7年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者

4 国土交通大臣が1の者と同等以上の能力を有すると認める者

 

「経営業務の管理責任者としての経験」とは、営業取引の上で対外的に責任を有する地位にあって、建設業の経営業務について、総合的に管理した経験をいいます。

具体的には、法人の役員、個人の事業主または支配人、建設業を営業する支店または営業所等の長(令第3条に規定する使用人)の地位にあって、経営業務を総合的に執行した経験をいいます。

 

7年以上の経営業務の管理責任者としての経験を有する者(上記3)については、すべての業種について、経営業務の管理責任者としての経験を有する者に関する要件をみたすことになります。

 

なお、「経営業務の管理責任者に準ずる地位」での経験での申請は、神奈川県の場合、県との事前相談が必要となりますので、時間的な余裕をもってご相談ください。